HACCP推進チーム名古屋めし

HACCP推進チーム名古屋めし

HACCP推進チーム名古屋めし

平成30年4月、飲食店ハサップ義務化に備えて、飲食店様のハサップ導入を迅速かつ確実にサポートする体制を構築するため、食品衛生管理に詳しい行政書士の仲間と「HACCP推進チーム名古屋めし」を結成しました。

 

今後、「HACCP推進チーム名古屋めし」は、ハサップの普及・促進活動として、無料説明会だけでなく、ハサップ導入支援業務の受任も行ってまいります。

 

お問合せは無料です。TEL0568-37-3017までお気軽にお電話ください。

 

弊チームをよろしくお願い致します。

 

 

HACCP推進チーム名古屋めし

 

 

○「HACCP推進チーム名古屋めし」からのお知らせです。

 

平成30年9月、「HACCP推進チーム名古屋めし」は、ハサップの普及・促進を加速するため、新商品「飲食店ハサップ早期導入プラン」の販売を開始いたします。

 

これは、以下でご案内している「飲食店ハサップ導入プラン」を法施行前に先行導入することで、ビジネスチャンスを広げ、売上収入アップを図っていただくための商品です。

 

先取精神の旺盛な飲食店様を応援するため魅力あるプランとして設計しました。

 

詳細は「飲食店ハサップ早期導入プラン」相談会でご案内いたします。

 

相談会はエリアごとに開催していきます。
ご案内通知をお受け取りになられた飲食店オーナー様におかれましては、日程表をご確認の上、「相談会ご予約申込みフォーム」よりお申込みください。

 

 

  相談会ご予約申込みフォーム

 

HACCP推進チーム名古屋めし

 

 

○飲食店ハサップ早期導入プランFAQ

 

Q.改正食品衛生法施行で飲食店にハサップ導入が義務化されるのはわかりましたが、法施行前から導入する意味はありますか?

 

A.飲食店のハサップ導入には、何日かかると思われますか。メニュー50品目のお店なら、専門家1人の作業で、おおよそ6日は必要です。つまり、1週間で1店、1年間を365日÷7日≒52週としても、1人で処理できるのはせいぜい50店になりますね。
一方、飲食店の数はいくつあるかといえば、たとえば愛知県には、37,708店の飲食店があると言われています。
法施行後1年間は経過措置期間とされていますから、法施行1年以内にハサップ導入をしなければなりません。1年間で1人が50店を処理すると単純計算しても、37,708店÷50店≒754人の専門家が必要となります。

 

残念ながら、ハサップ導入をお手伝いできる専門家は少数です。

 

しかも、ハサップの作成は、見本を真似て簡単に作れるものではありません。
いわば、お店のメニュー表にあるすべての品目について、料理解説本1冊を書き上げるような作業です。
各お店のレシピによって、同じ料理品目でも内容が異なります。

 

しかも、食中毒防止の効果を発揮するためには、細かな運用の仕方を決めて、毎日の運用の中で従業員全員に馴染ませておく必要があります。
ハサップは、単なる文書ではありません。各お店独自の活きた運用マニュアルです。

 

法施行後に、飲食店営業許可更新の添付書類としてハサップ書類を作ってくれと言われても、簡単に作れるものでないことは以上の説明でご理解いただけるでしょう。

 

改正食品衛生法施行の時期は発表されていませんが、施行は確実ですから、法的義務化は着実に迫っています。しかも、要求されるハサップの内容が明らかです。
それなら、進んで先行導入することで、食中毒のリスクを減らし、かつ、「安全な食品を提供する安心な飲食店」を世間にアピールすることで売上げアップを目指す絶好のチャンスです。

 

HACCP推進チーム名古屋めし
画像素材:PIXTA

 

「HACCP推進チーム名古屋めし」の提案する「飲食店ハサップ導入プラン」とは?

 

弊チームの願いは、飲食店様が主体的にハサップ導入に取り組んでいただき、食中毒事故のない安全・安心な食品衛生管理体制をつくっていただくことです。

 

ただし、世界標準の食品安全管理手法を日本に取り入れるものですから、導入には専門の知識・ノウハウが必要です。

 

そこで、弊チームは、飲食店様を支援するため「飲食店ハサップ導入プラン」を提案いたします。

 

 

 

飲食店ハサップ導入プラン」は、飲食店様ファーストの立場から生まれた商品です。

 

1.飲食店様の厨房へ訪問し、調理責任者様と相談しながら、お店ごとの最適なハサップ・プログラムを作り上げる、いわばオーダーメイド商品です。

 

2.ハサップ書類を納品して業務終了ではありません!
ハサップ書類に記載した衛生管理計画を日々着実に実行して、食中毒事故のない安全・安心な食品管理体制を作り上げることがハサップを導入する目的のはずですね。
むしろ、ハサップ書類納品後に、飲食店様が運用につまづいたとき、あるいは保健所の立入検査で是正指導を受けて是正措置を迫られたときこそサポートが必要です。
だから、「飲食店ハサップ導入プラン」のスキームは、「ハサップ書類作成」と「事後サポート」の『ハサップ2本柱』で飲食店様を支援するものです。
この『ハサップ2本柱』は、飲食店ハサップを動かすための車の両輪といえます。

 

3.日本版 “飲食店ハサップ” の基本は、アメリカ版 “リテール・ハサップ” を移入したものです。だから、日本版 “飲食店ハサップ”を作成・運用するためには、アメリカ版 “リテール・ハサップ”の知識が不可欠です。
飲食店ハサップ導入プラン」は、アメリカ版 “リテール・ハサップ”の知識・ノウハウを『ハサップ2本柱』に活用して、“飲食店ハサップ”の作成・運用の効果を充分に発揮させることを意図しています。

 

 

 

弊チームの提案する「飲食店ハサップ導入プラン」にご興味がありましたら、ご連絡ください。
詳細については、ご相談時にていねいにご説明致します。

 

ここでは、「飲食店ハサップ導入プラン」の特徴についてFAQ形式でご案内することにとどめます。

 

 

飲食店ハサップ導入プラン FAQ

 

Q1. 飲食店ハサップは、どの行政書士に依頼しても同じではありませんか?

 

A1. 厚生労働省のホームページに貼り付けられている「HACCPの考え方に基づく衛生管理のための手引書〔小規模な一般飲食店事業者向け)(公益社団法人日本食品衛生協会)〕を見ると、様式と記載例が示されていて誰でも作れそうに見えます。

 

しかし、料理メニューやアイテム毎に加熱温度や加熱時間は違いますから、個々に必要な温度や時間をきちんと設定していく必要があります。そのためには専門知識が必要です。

 

また、ハサップの重要管理点である温度管理の手順や基準を例示してありますが、実際の運用の仕方は個々の飲食店様に任されています。

 

さらに、「FDA原案Retail HACCP」が要求する「検証方法の決定」についても、温度計の校正は必要に応じて確認するものとしており、検証の頻度や回数の定めまでは要求していません。ハサップが機能しているかどうかを確実に検証する計画まで求めていません。 FDA:アメリカ食品医薬品局

 

いずれも飲食店様の負担軽減のための緩和策です。しかし、食品に求められる安全性は大手の食品事業所と変わるものではありません。手引書に明記されていない事項は、日本版ハサップの源である「FDA原案Retail HACCP(リテール・ハサップ)」の知識やノウハウで補って運用していく必要があります。

 

弊チームは、FDA原案Retail HACCP(リテール・ハサップ)に習熟していることに強みがあります。そして、Retail HACCP(リテール・ハサップ)の知識やノウハウを活用しながら日本版ハサップ運用をサポートするものです。単にハサップ書類を作るのではなく、飲食店様が主体的に食品安全衛生に取り組めるように、ハサップ・プログラムとその運用ノウハウを提供するものです。
「飲食店ハサップ導入プラン」は、Retail HACCP(リテール・ハサップ)の専門家である行政書士だからこそ提供できるオリジナル・サービスです。

 

 

 

Q2.ハサップは、メニュー表だけで作成してもらえますか?

 

A2. メニュー表だけ見て机上で飲食店ハサップを作成することはできません。加熱調理工程だけをとっても、レンジ、オーブン、フライヤー、スチーマー等の火力性能はマチマチですし、鍋、フライパン、ケトルも材質・サイズ・厚みによって熱伝導率が異なります。厨房にお伺いし、調理担当者と面談して、メニューやアイテムごとに使用される厨房機器の性能を確認しながらハサップ作成作業を行っていくことになります。

 

 

 

Q3. ハサップ導入後、毎日実行できるか心配です。サポートしてもらえますか?

 

A3. ハサップ書類の作成は終点ではなく、スタート地点です。「飲食店ハサップ導入プラン」ではハサップ書類納品時点で試行運用を行い、運用に慣れていただきます。さらに、法施行から1年間のサポートもセットしていますので、運用上の問題点もご相談いただけます。

 

 

 

Q4. ハサップ導入後、メニューを追加したいのですが、対応してもらえますか?

 

A4. A3でお答えしましたとおり、法施行から1年間のサポートがセットされていますから、当初の契約の中で対応致します。ただし、当初作成メニュー数の3分の1までの追加件数と致します。

 

 

 

Q5. ハサップを導入後に保健所の立入検査で指導を受けた場合にもサポートしてもらえますか?

 

A5. A3でお答えしましたとおり、法施行から1年間のサポートがセットされていますから、当初の契約の中で対応致します。A1で申し上げましたように、Retail HACCP(リテール・ハサップ)で蓄積されました運用上のの知識やノウハウを活用して最適な是正方法をご提案致します。

 

 

 

Q6. 「飲食店ハサップ導入プラン」の料金は高いのではないですか?

 

A6. メニュー数に応じて個別に見積もりさせていただきますが、リーズナブルな料金で提供いたします。
詳細は、ご相談時に、ご案内致します。

 

 

トップページに戻る

 

本サイト主宰事務所の業務案内に戻る

ホーム サイトマップ